2017.2.27 05:02

日本代表が渡米!矢富洋「兄の背中見えてきた」/7人制

日本代表が渡米!矢富洋「兄の背中見えてきた」/7人制

7人制代表専用チェックインで、米国に出発した矢富

7人制代表専用チェックインで、米国に出発した矢富【拡大】

 ラグビー男子の7人制日本代表が26日、国際大会「ワールドセブンズシリーズ」米国大会(3月3~5日)カナダ大会(同11、12日)出場のため成田空港から渡米した。

 初選出されたBK矢富洋則(21)=帝京大3年=の兄、勇毅(32)=ヤマハ発動機=は、日本代表、サンウルブズで活躍するSH。昨季途中から帝京大のレギュラーに浮上して、初めて7人制代表入りした弟は「兄の背中が見えてきた」と笑顔で語った。

 京都成章高時代から注目された兄と比べると無名の存在だったが、帝京大で高い決定力を披露。1月の大学選手権決勝でも2トライを決めた。

 7人制代表のダミアン・カラウナ・ヘッドコーチ(41)も「可能性を秘めている」と期待する新戦力は、兄弟そろっての15人制代表入りを目指す。 (吉田宏)

  • ラグビー7人制男子日本代表
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 日本代表が渡米!矢富洋「兄の背中見えてきた」/7人制