2016.12.18 05:04(3/4ページ)

平尾さんに捧ぐ4強!同大、17大会ぶりワセダ倒した/大学選手権

平尾さんに捧ぐ4強!同大、17大会ぶりワセダ倒した/大学選手権

前半、突進する同大・松井=花園

前半、突進する同大・松井=花園【拡大】

 10月に偉大なOB、平尾氏が死去。山神監督は同氏が“同志社らしさ”を説いた4年前のインタビュー映像を入手し、思わず見入った。強調されていたのは「『自分たちのチームなんだ』と選手にいってもらいたい」。平尾氏が在籍した当時、強豪はワセダなら「組織力」、メイジなら「前へ」、慶応なら「タックル」とカラーを確立していた。対抗すべく岡仁詩元監督が打ち出したのは「自由奔放」。特定のカラーにとらわれず選手の自主性を重んじ、82~84年度に史上初の大学選手権3連覇を達成した。

 指揮官は決戦前、レジェンドの言葉を借り「自分たちのチームだということを意識しよう」と選手に呼びかけた。これに教え子らが応えた。控えのBチームは自身らでライバルを研究し、仮想・ワセダとなって練習パートナーを務めた。迎えたこの日、グラウンドでコーチ陣が指示を出すことは1度もなかった。将は「平尾さんがいっていたように、より深く思考を巡らせて、自分たちで動くことができるようになった」と目を細めた。

【続きを読む】

  • 松井(中)は前半34分、右サイドを駆け抜けてトライを決める(撮影・山下香)
  • 平尾氏(中)は大八木氏(その右)らと同大黄金時代を築いた
  • 早大戦の前半、右サイドから攻めてトライを決める、同大WTB松井千士=花園ラグビー場(撮影・山下香)
  • 前半、同大・崎口がトライを決める=花園
  • 前半、突進する同大・安田=花園
  • 同大と早大の対戦成績
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 平尾さんに捧ぐ4強!同大、17大会ぶりワセダ倒した/大学選手権