2016.12.18 05:04(2/3ページ)

天理大、タイガー軍団の反撃振り切った!関西勢10大会ぶり2校4強/大学選手権

天理大、タイガー軍団の反撃振り切った!関西勢10大会ぶり2校4強/大学選手権

前半、突進する天理大・藤原=花園

前半、突進する天理大・藤原=花園【拡大】

 ノーサイドを告げるホイッスルが鳴ると、スタンドのあちこちから“ホッ”とひと安心のため息がこぼれた。天理大は慶大を5点差で振り切り、関西王者の意地を見せつけた。NO・8中野が胸を張る。

 「1年間、ずっとゴール前のスクラムにこだわってきた。自信しかなかった」

 前半こそ19-7で終えたが、猛然と追い上げられる。後半8分までに2トライなどで19-19。流れが慶大に傾きそうになった14分。相手ゴール前のスクラムから中野が飛び出し、勝ち越しのトライ。再び天理大のペースに持ち込んだ。

 「同大、京産大がみんな(関東勢を)倒してくれたので、僕らも(強さを)証明しないとな…と思っていた。ずっと関東(のチームを)をターゲットにやってきました」

 京産大は11日にメイジを、同大はこの日、ワセダを撃破。次々と“同志”が快進撃を続ける姿に、刺激を受けていた。

 中野自身、対関東には期するものがある。2011年度大会。当時、青森の三沢商高2年だった中野は立川理道主将(現クボタ、サンウルブズ)が率いる天理大の躍進に、テレビでくぎ付けになった。しかし、決勝戦では東の雄・帝京大に12-15で惜敗。それでも立川の雄姿にあこがれ、天理大進学を決意した。

【続きを読む】

  • 中野(左)は転がりこむようにして勝ち越しのトライ。流れを再び引き寄せた(撮影・河田一成)
  • 慶大戦の後半14分、トライを決める天理大FW中野真仁=花園ラグビー場(撮影・河田一成)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 天理大、タイガー軍団の反撃振り切った!関西勢10大会ぶり2校4強/大学選手権