2016.12.5 05:00

【ホイッスル 吉田義人】早大の勝因は防御の厚み

【ホイッスル 吉田義人】

早大の勝因は防御の厚み

前半、突進する早大・岸岡智樹=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)

前半、突進する早大・岸岡智樹=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 関東大学対抗戦(4日、早大24-22明大、秩父宮、観衆=2万1916)伝統の早明戦にふさわしい熱戦だった。私の現役時代、監督時代と変わらないのは、お互いに待ち味を出し合う展開になったこと。

 その中で、後半8分のトライがポイントとなった。敵陣ゴール前で早大が明大スクラムを押し込んで、ペナルティー(認定)トライを獲得。スクラムは早大が春からこだわってきた部分。勝利への自信を得たトライだった。

 もう一点、早大の勝因になったのが防御の改善だ。必ず2人でタックル、密集にからみ、それ以外の選手は、次の攻撃に備えていた。この防御の厚みが、BKに好素材をそろえる明大のトライを3本に封じ込めた。

 大学選手権では、早大はさらに防御の精度アップが強みになれば楽しみだ。惜敗した明大は、攻撃がBKのみになっている。FWを交えるような工夫がほしい。攻撃のバリエーションを増やせれば、得点力アップにつながるはずだ。(元日本代表WTB、7人制ラグビー・サムライセブン監督、明大OB)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、早大はルーキーCTB中野のトライで同点に追いつき、ゴールで勝ち越した(撮影・山田俊介)
  • 今季最多となる2万1916人が秩父宮のスタンドを埋めた(撮影・山田俊介)
  • 前半、突進する早大・柴田徹(左)=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、パスを出す早大・斎藤直人=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、突進する早大・梅津友喜=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決める早大・本田宗詩=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ペナルティキックを決める早大・斎藤直人=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、スクラムからのペナルティトライに歓喜する早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 試合に勝利し喜び合う早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 早大1年生クインテット比較表
  • 1年生から活躍した主な早大SH
  • ラグビー・早明戦全成績
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【ホイッスル 吉田義人】早大の勝因は防御の厚み