2016.12.4 19:08

逆転PG選ばず敗戦の明大、丹羽監督は審判に不満「釈然としない」/関東対抗戦

逆転PG選ばず敗戦の明大、丹羽監督は審判に不満「釈然としない」/関東対抗戦

試合に敗れがっくり肩を落とす明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)

試合に敗れがっくり肩を落とす明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 関東大学対抗戦(4日、早大24-22明大、秩父宮)明大は2点を追う終了間際の選択が悔やまれる敗戦となった。敵陣でペナルティーを得たが、逆転が可能なPGを選ばずにそのまま攻めることを決断。結果的に得点できず、フランカーの桶谷主将は「モールで取れる自信があったので…。冷静でなかったところもある」と肩を落とした。

 スクラムで繰り返し反則を取られ、丹羽監督は「レフェリーの言うように組んでも反則を取られた。釈然としない」と不満が収まらない様子。全国大学選手権は3回戦からとなり「(相手の)京産大もFWが強い。しっかり対応したい」とスクラムを鍵に挙げた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 逆転PG選ばず敗戦の明大、丹羽監督は審判に不満「釈然としない」/関東対抗戦