2016.11.24 21:23

ジョセフJ・アニセ、母国フィジー粉砕誓う「日本代表として前線で体を張り続ける」

ジョセフJ・アニセ、母国フィジー粉砕誓う「日本代表として前線で体を張り続ける」

 【バンヌ(フランス)24日=出村謙知】日本ラグビー協会が、26日に当地でフィジー代表と対戦する日本代表メンバーを発表。3点差で金星を逃したウェールズ戦(19日)と同じ先発メンバーで必勝を狙う中で、この日は市内で練習を行い、フィジー出身の日本人選手LOアニセ セムエラ(30)=キヤノン=が母国粉砕を誓った。

 世界ランク6位のウェールズを追い詰めた同11位の日本だが、ランクで1つ上のフィジーとの対決へも必勝布陣を固めた。過去の対戦成績は3勝13敗。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、46)は警戒を緩めない。

 「日本にとって難しい相手だ。大きい選手がタックルを受けながらもパスをつないでくる」

 タックルにいっても、フィジカルが強く、手足が長い、パス能力にも優れたフィジーの選手にボールをつながれ、トライを重ねられるのが過去の敗戦パターン。その難敵対策に、身長1メートル98、体重116キロのアニセへの期待が高まる。

 「フィジーの男の子はみんなフィジー代表になることを夢見る」と語るアニセだが、すでに来日9年目。「日本代表としてジャージーを着たら100%日本人」と、今はフィジー代表の純白のジャージーよりも、日本の桜のジャージーの誇りを持つ。

 「フィジーの国歌を聴いたら、フィジーでのすべての思い出がよみがえってくるだろう。でも、それよりも自分のすべきことを考えようと思う。日本代表として前線で体を張り続けることを」。欧州遠征勝ち越しがかかる最終戦。トップリーグ下部のトップイースト・日野自動車で昨季まで8年間プレーした“下積み”を、母国相手に爆発させる。

試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. ジョセフJ・アニセ、母国フィジー粉砕誓う「日本代表として前線で体を張り続ける」