2016.11.6 19:40

早大・山下監督、大敗に脱帽「最初の20分までの4トライが全て」/関東対抗戦

早大・山下監督、大敗に脱帽「最初の20分までの4トライが全て」/関東対抗戦

大敗し悔しそうな早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場 (撮影・山田俊介)

大敗し悔しそうな早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場 (撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビーの関東大学リーグ対抗戦は6日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、6連覇を狙う帝京大が早大との全勝対決で75-3と大勝し、開幕からの連勝を5に伸ばした。帝京大は11トライの猛攻で寄せ付けなかった。昨季優勝を分け合った明大も慶大に試合終了間際の認定トライ(ゴール)で31-29と逆転勝ちし、5連勝とした。慶大は3勝2敗。帝京大と明大は20日に戦う。

 早大は帝京大に大敗した。前半20分で3-28と大きくリードされ、山下監督は「最初の20分までの4トライが全て。局面、局面での執念を感じた」と脱帽した。

 夏の帝京大との練習試合で手応えを得ていたスクラムや接点でのボール争奪戦で、完全に圧倒された。指揮官は「本気の帝京の鋭さを経験できた、強みにしていく部分にもう一度磨きをかけ、ぶつけるだけ」と全国大学選手権での再戦を望んだ。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 早大・山下監督、大敗に脱帽「最初の20分までの4トライが全て」/関東対抗戦