2016.10.30 16:31

東海大、大東大との全勝対決を制す/関東リーグ戦

東海大、大東大との全勝対決を制す/関東リーグ戦

【大学ラグビーリーグ戦 大東文化大学対東海大学】前半、突進する東海大・池田悠希(13・中央)左は大東文化大・ホセア・サウマキ=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

【大学ラグビーリーグ戦 大東文化大学対東海大学】前半、突進する東海大・池田悠希(13・中央)左は大東文化大・ホセア・サウマキ=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 関東大学ラグビーは30日、東京・秩父宮ラグビー場などで2試合を行い、4戦全勝同士の対決は2連覇を狙う東海大が大東大を28-7で破り、全勝を守った。神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場での関東学院大-法大はは、関東学院大が31-15で5年ぶりの1部での勝利を遂げ、1勝4敗とした。法大も1勝4敗。

 東海大は前半17分にNO・8テピタ・タタフのトライで先制。トンガの同僚、WTBアタアタ・モエアキオラがゴールを決め、まず7点をリードした。20分にはWTB藤崎真樹がトライを追加。モエアキオラがゴールに成功し14-0とした。30分には相手ボールのターンオーバーからSH湯本睦がトライ(ゴール)とたたみかけた。ハーフタイム直前にはCTB池田悠希がインゴールになだれこんだが、大東大がグラウンディングを許さず、21-0と東海大リードで前半を終えた。

 後半はしばらく一進一退の展開が続いたが、東海大は27分、大東大ゴール前ラインアウトをモールにして押し込み、HO日高将吾がトライ。モエアキオラがゴールに成功し28-0と差を広げた。大東大も32分、左サイドでのターンオーバー(相手ボール奪取)を大きく右に振り、WTB菊地孝二がトライ。FB大道勇喜がゴールを決めて7点を返した。だが、反撃もそこまで。東海大が難敵を乗り越えた。

 関東学院大は法大から5トライを奪い、法大の攻撃を3トライに抑えた。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 東海大、大東大との全勝対決を制す/関東リーグ戦