2016.10.16 13:21

早大、日体大に辛勝も3戦全勝 5点差で何とか逃げ切る/関東対抗戦

早大、日体大に辛勝も3戦全勝 5点差で何とか逃げ切る/関東対抗戦

前半 競り合う早大・梅津友喜(右)=浜川競技場(撮影・長尾みなみ)

前半 競り合う早大・梅津友喜(右)=浜川競技場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 関東大学ラグビーは16日、群馬高崎市の浜川運動公園陸上競技場で対抗戦の2試合を行い、早大が45-40でかろうじて日体大を破り3戦全勝とした。日体大は4戦全敗。

 早大は前半4分、相手ゴール前スクラムからの攻撃でラックサイドを突いた1年生のSH斎藤直人が対抗戦初トライで先制。1年生SO岸岡智樹がゴールを決め7点をリードした。10分にはルーキーFB梅津友喜がトライと、序盤から1年生が活躍した

 日体大も反撃。ラインアウトからのBK展開で飛ばしパスを受けたCTB城大二郎が、今季4試合目でチーム初トライを決めた。SO石田一貴のゴールで7-12とした。さらに20分、ドロップアウトのこぼれ球をキープして左展開。石田一の突破から城が2本目のトライ。石田一のゴールで14-12と逆転した。

 早大も31分、相手ゴール前のスクラムを押しながら連続攻撃。スペースに走り込んだCTB黒木健人が斎藤からパスを受けインゴールに飛び込んだ。岸岡がゴールを決め19-14と再逆転した。37分にはラックから斎藤のフラットなパスを受けた1年生CTB中野将伍が相手防御を突破して中央にトライ(ゴール)。26-14と差を広げて前半を終えた。

 後半も取り合いの様相に。先にスコアを動かしたのは早大で、4分に相手ゴール前ラインアウトをモールにして押し込み、1年生FL三浦駿平がトライ。岸岡のゴールで33-14とした。日体大も取り返す。ラインアウトからのアタックで左タッチ際を抜けたFB中野剛通が左中間に飛び込む。石田一のゴールで12点差に戻した。さらに12分、ラインアウトからの連続攻撃でガラ空きの左ショートサイドを突いたCTB石田大河が左隅トライ。難しいゴールを石田一が決めて28-33と再び迫ってきた。

 早大も突き放す。16分、個人技で突破した岸岡が中央トライ。自らゴールも決めて40-28とまた12点差に。だが日体大もスピードに乗った突進で城がこの日3トライ目。石田一のゴールで35-40と追いすがる。32分には早大がラインアウトからのモールを押し込んでHO貝塚隼一郎がトライ。45-35に差を広げた。終了寸前には日体大HO関拓矢が左隅トライ。早大が5点差で何とか逃げ切った。

 もう1試合は2戦全勝の明大が1勝2敗の筑波大と対戦した。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半突進する早大・梅津友喜=浜川競技場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 早大、日体大に辛勝も3戦全勝 5点差で何とか逃げ切る/関東対抗戦