2016.10.2 18:09

早大が筑波大に勝利!桑野主将「内容的にも点数的にもいい結果」/関東対抗戦

早大が筑波大に勝利!桑野主将「内容的にも点数的にもいい結果」/関東対抗戦

前半、突進する早大・中野将伍(中央)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

前半、突進する早大・中野将伍(中央)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 関東大学ラグビーは2日、対抗戦2試合、リーグ戦3試合を行い、東京・秩父宮ラグビー場での対抗戦では早大が筑波大から7トライを奪い、46-12で快勝して2戦2勝とした。筑波大は1勝2敗。

 1年生が先発に5人名を連ねた早大は前半7分、ルーキーSO岸岡智樹のゴロパントをWTB桑山聖生がインゴールで押さえ5点を先制。15分には筑波大ゴール前ラインアウトからFWがモールで押し込み、抜け出したPR千葉太一がトライ。33分にも岸岡が右タッチライン際で待つFL加藤広人へ、狙いすましたハイパント。キャッチした加藤がDFをかわして右中間にトライ。岸岡がゴールを決めた。36分にはこちらも1年生のSH斎藤直人が、ターンオーバー(相手ボールの奪取)した球をさばくと、筑波大の陣形を見てゴロパント。桑山-FB梅津友喜とつないでインゴールを陥れた。岸岡のゴールで24-0と早大が大きくリードして前半を終えた。

 後半、最初のスコアは筑波大。9分、ショートパントを競り合いながら取ったSO山田英貴がトライ。25分には早大ゴール前ラインアウトをモールにして、HO大西訓平がトライ。12-24と迫った。しかし早大も、この直後のキックオフから、筑波大のキックを受けて逆襲。左ライン攻撃で1年生CTB中野将伍がスパッと抜けてトライを決めたのが28分。さらに31分にはターンオーバーからの左展開で、桑山が相手2人を振り切ってトライを決め、36-12と24点差に戻すと、40分に岸岡が中央30メートルのPGに成功して39-12と差を広げた。終了間際にはWTB本田宗詩がダメ押しのトライ(ゴール)を追加、46-12で試合を終えた。

 早大LO桑野詠真(えいしん)主将は「ディフェンス、ブレークダウン、スクラムの3つの部分を強みとして意識し、内容的にも点数的にもいい結果になりました」と笑顔。今季就任した山下大悟監督は秩父宮初采配での勝利に「思い入れのあるグラウンドで結果を出したことはうれしい」と話した。

 栃木・足利市総合運動公園で行われたリーグ戦の流経大-法大は、流経大が57-26で勝ち3戦全勝。法大は1勝2敗となった。埼玉・熊谷ラグビー場Bグラウンドでの中大-関東学院大は、中大が38-29で逆転勝ちし2勝1敗。関東学院大は3戦全敗となった。

試合結果へ

  • 後半、突進する早大・中野将伍=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半トライを決めた中野将伍(右から2人目)のもとに集まり喜び合う早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半、早大・中野将伍がトライ=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 早大が筑波大に勝利!桑野主将「内容的にも点数的にもいい結果」/関東対抗戦