2016.6.8 05:00

【新鮮力】未来の日本代表背負う早大SH斎藤&CTB中野

【新鮮力】

未来の日本代表背負う早大SH斎藤&CTB中野

特集:
新鮮力
早大・新戦力

早大・新戦力【拡大】

 今季就任した早大・山下大悟監督(35)が、「日本を背負っていかなければいけない選手」と語るのがSH斎藤直人とCTB中野将伍の2人だ。

 昨年、桐蔭学園を主将として全国準優勝に導いた斎藤はパスのスピードやキックにすぐれる。「テクニック、スキル、判断力とも申し分ない」と高校の先輩である指揮官も目尻を下げる。現在はU-20(20歳以下)日本代表として英国での世界選手権に出場中。中野は1メートル86、99キロの巨体とスピードを兼ね備え、東筑2年だった昨春、ジュニア・ジャパンに加わった。

 体作りを優先する山下監督の方針で、1年生は5月いっぱい対外試合に出ていなかった。解禁となった5日の慶大戦(花園)でSO岸岡智樹、CTB桑山淳生、FB梅津友喜が先発、中野が途中出場。5-57で大敗したが、岸岡はチーム唯一のトライを奪い、気を吐いた。 (田中浩)