2016.4.29 05:01(2/2ページ)

BK唯一の学生!野口、30日韓国戦先発へ「プライド持って戦う」

BK唯一の学生!野口、30日韓国戦先発へ「プライド持って戦う」

日本代表の韓国戦出場予定メンバー

日本代表の韓国戦出場予定メンバー【拡大】

 いきのいい20歳の若武者が、桜のジャージーで世界に打って出る。初キャップの野口は「気負わず、周囲を生かしながらプライドを持って戦いたい」と決意を口にした。

 東海大では1年から公式戦に出場。積極的なランプレーで昨季はリーグ戦優勝、大学選手権準優勝に貢献した。日本に対して目の色を変えてくる韓国を相手に、チームのテーマは「仕掛ける」。野口はまさにうってつけで、「自分からアクションを起こしていきたい」。大学生が日本代表のFBで先発するのは早大時代の五郎丸歩(レッズ)以来だ。

 指揮を執る中竹竜二ヘッドコーチ代行(42)はメンバー編成について、「若いから試合中にパニックになると思うが、それでもジタバタしない選手を選んだ」と説明。野口については「FBだが、前で戦える。体も強くなり、最後のとりでとしても頼もしい」と昨年のU-20日本代表から続く師弟関係の信頼は厚い。

 「ただ出たというだけではだめ。勝利につながるプレーをしたい」と野口も野心に燃えている。 (田中浩)

野口 竜司(のぐち・りゅうじ)

 1995(平成7)年7月15日生まれ、20歳。大阪・東大阪市出身。同市立枚岡中1年でラグビーを始め、東海大仰星高では1、3年で花園出場。3年時は全国優勝。高校日本代表、U-20日本代表、ジュニア・ジャパン。兄・大輔(22)=近鉄=とともに昨季東海大のリーグ戦優勝に貢献。1メートル77、80キロ。

  • 学生でただ一人、先発に選ばれた野口。デビュー戦でアピールする