2015.11.2 05:02

車いすラグビー日本代表が初優勝!司令塔・池透、さらなる成長誓う

特集:
歴史的3勝!エディーJ
豪州を破り優勝して喜ぶ池崎(左)ら日本代表選手(撮影・宮崎瑞穂)

豪州を破り優勝して喜ぶ池崎(左)ら日本代表選手(撮影・宮崎瑞穂)【拡大】

 車いすラグビー・アジア・オセアニア選手権最終日(1日、千葉ポートアリーナ)決勝が行われ、前日に来年のリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権を得た日本は、14年世界選手権覇者の豪州を56-51で破り、大会8回目で初優勝を果たした。2012年ロンドン・パラリンピック覇者から今大会2勝(1敗)を挙げ、世界ランクも4位から3位に浮上した。

 1次リーグは1勝1敗。今大会3度目の対戦で日本は大会7連覇中の豪州を再び撃破した。序盤からエース池崎大輔と息のあったパス交換で次々と得点した司令塔の池透暢は、「終了のブザーが鳴った瞬間、ホッとした」と感慨深げ。大会後の世界ランクは3位となり、大舞台でのメダルが見えてきた。「世界を意識してトレーニングしていきたい」とさらなる成長を誓った。

(紙面から)

  • 優勝して喜ぶ池(右)ら日本代表選手=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)
  • 優勝して喜ぶ池崎(中央左)ら日本代表選手=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)
  • 第3ピリオド、攻め込む島川(左)=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)
  • 試合終了後、観客席に手を振る池崎=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)
  • 競り合う池崎(右から2人目)=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)
  • ゴール前で攻め込む左2人目から池と今井=千葉ポートアリーナ(撮影・宮崎瑞穂)