2015.10.31 05:01

エディーHC、南ア戦終盤のリーチ称賛「私は3点狙えと怒鳴っていた」

特集:
歴史的3勝!エディーJ
日本記者クラブで会見した、退任するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ=東京・内幸町(撮影・奥村信哉)

日本記者クラブで会見した、退任するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ=東京・内幸町(撮影・奥村信哉)【拡大】

 W杯イングランド大会1次リーグB組で3勝を挙げた日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC、55)が30日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見を開いた。

 ジョーンズHCは、日本代表の後任人事に触れ「日本人が監督になるには英語が必要。次に国際舞台での経験、そして強い性格が欠かせない」と指摘し、日本人指導者の実力不足を示唆。同HCが日本で再び指揮を執る可能性については国内の各チームや日本協会の選手強化の環境整備を条件に挙げた。

 また、W杯南アフリカ戦終盤に相手反則から同点狙いのPGを選ばず、スクラムを選択した経緯について「私は(スタッフにPGで)3点を狙えと怒鳴っていたが、リーチが決めたこと」とFLリーチ マイケル主将の功績をたたえた。

(紙面から)

  • 退任を前に記者会見するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ=東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 記者会見を終えたラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ=東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 退任を前に記者会見するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ=東京・内幸町の日本記者クラブ