2015.10.26 05:02(3/3ページ)

同大3連勝!“山田2世”高野が50メートル独走初T/関西Aリーグ

同大3連勝!“山田2世”高野が50メートル独走初T/関西Aリーグ

同大・高野が憧れているのはジャパンの山田。山田2世を目指す(ロイター)

同大・高野が憧れているのはジャパンの山田。山田2世を目指す(ロイター)【拡大】

 この春、大きな野望を持って同大の門をたたいた。東福岡高では2年、3年時に花園に出場し、3年時は全国制覇。今年1月の決勝ではトライも挙げた。3月には高校日本代表メンバーとしてスコットランド、フランス遠征も経験。関東の強豪からも多くの誘いがあったが「関東は強いから。同志社大で倒したい」と勇ましい。

 「まずは関西優勝です。もっとボールを積極的に持ってどんどんトライを取れるように修正する」。1敗をキープして次節11月1日は昨季敗れた京産大との一戦(鶴見緑地)。フレッシュな1年生が、名門復活に向けて全力疾走する。 (芦田航)

★強力FW圧力

 同大は強力FWで圧力をかけ、ボールを散らす戦法で優勢に進め、大差をつけた。

 山神監督は「天理の(対摂南大)得点(43点)を上回れた。ブレークダウンで1人目と2人目がいい仕事をした」と納得の表情。RR才田智主将(4年)も「外国人選手を止めるのが最低条件だった。前半からテンポよくかき回していった」と笑顔。摂南大のトンガ人留学生に仕事をさせなかった会心の勝利だった。

高野 蓮(たかの・れん)

 WTB。1996(平成8)年7月19日生まれの19歳。福岡県出身。小1からラグビーを始め、北九州市立元大谷中では鞘ヶ谷ラグビースクールに所属。東福岡高では高2、高3で花園に出場し、3年時に全国制覇。3年時に高校日本代表。50メートル6秒0。1メートル75、81キロ。

試合日程・結果へ

(紙面から)

  • 後半、同大SO渡辺が突進。ダークホース摂南大を下し、1敗をキープ(撮影・山下香)
  • 前半18分、大学初トライをあげた高野。期待のルーキーが大仕事だ
  • 後半、フェイントを使い突進する同大No8の倉本=京都市左京区の宝が池球技場(撮影・山下香)
  • 後半、突進する同大WTBの氏家=京都市左京区の宝が池球技場(撮影・山下香)
  • 前半18分、トライを決める同大WTBの高野(左から2人目)=京都市左京区の宝が池球技場(撮影・山下香)