2015.8.19 05:03(3/3ページ)

W杯開幕まであと30日!通訳・佐藤秀典氏、エディーHCとチームをつなぐ

W杯開幕まであと30日!通訳・佐藤秀典氏、エディーHCとチームをつなぐ

爽やかに会見をこなす佐藤通訳

爽やかに会見をこなす佐藤通訳【拡大】

 すでにアルバム3枚をリリースして、海外ツアーも行ってきた。代表での通訳とバンドを両立させる難しさはあるが、バンドメンバーの理解もあり、W杯までを区切りに代表参加を決意した。

 常に行動をともにするジョーンズHCについては「純粋に、勝つことに熱すぎるほどの指導者だと感じる。一切のことに妥協しない」と見る。通訳として「どこがいちばん重要なのか、シンプルに、単刀直入に言葉を選ぶことを意識している」と打ち明ける。

 “祭典”開幕まで、あと30日。「一生に一度のチャンス。日本ラグビーの歴史を変えようという挑戦で、自分がその一部分になれたら、すごい糧になる」。豪州で育ったハードロッカーがジョーンズHCとの二人三脚で世界へと挑む。

佐藤 秀典(さとう・ひでのり)

 1981(昭和56)年3月26日生まれ。34歳。東京都渋谷区出身。10歳のとき、母、姉と豪州ゴールドコーストに移住。現地の高校を卒業後、帰国して雑貨店、アクセサリー店などで働きながら、バンド活動をスタート。今年4月から日本代表通訳に就任。

★このインタビューは、J SPORTSのホームページでも公開中!

J SPORTSホームページへ

(紙面から)

  • 一方で、デスメタルバンドのボーカリストとして“別の顔”も持つ