2015.2.17 05:01(2/2ページ)

早大・藤田がNZ留学!スーパーラグビー下部ナイツに参加

SRの下部チームに参加する藤田。夢への第一歩を踏み出した

SRの下部チームに参加する藤田。夢への第一歩を踏み出した【拡大】

 期待の若武者・藤田が世界挑戦への登竜門に立つ。ナイツは、NZ、豪州、南アフリカの強豪15クラブによる世界最高峰リーグ、SRで優勝7度を誇るクルセイダーズの下部チーム。日本出身選手では7人目のSR入りへ、ナイツからの昇格を目指す。

 若手有望選手が集まるナイツからは、オールブラックス(NZ代表)の選手も数多く輩出された。2013年の日本代表戦にも出場したFLルーク・ホワイトロック(24)、LOドミニク・バード(23)らもナイツ出身だ。

 藤田は、7人制日本代表として日本時間16日まで行われていたワールドシリーズ米国大会(ラスベガス)などに参加。帰国するチームを離れて、クライストチャーチを拠点とするナイツに合流する見通し。参加期間は4月から始まる日本代表の活動などを踏まえて、3月末までとなりそうだ。

 東福岡高時代からNZに留学するなど海外志向を持つ藤田は、早大1年の2012年にカンタベリー州代表参加も決まっていたが、けがで辞退。3年前からの悲願でもあるSR挑戦へ、ようやく一歩を踏み出した。

藤田 慶和(ふじた・よしかず)

 1993(平成5)年9月8日生まれ、21歳。京都府出身。小3でラグビーを始め、福岡・東福岡高2、3年で花園を連覇。同高3年で7人制日本代表、日本代表入り。早大に進み、12年5月5日のUAE戦(福岡)で日本代表最年少出場記録(18歳245日)をマーク。代表通算18キャップ。1メートル84、90キロ。

(紙面から)