2015.1.11 05:02

筑波大、無念…エースWTB・福岡「帝京は強かった」/大学選手権

後半、筑波大・福岡堅樹(右)がトライを決め、意地を見せる=味の素スタジアム (撮影・吉澤良太)

後半、筑波大・福岡堅樹(右)がトライを決め、意地を見せる=味の素スタジアム (撮影・吉澤良太)【拡大】

 全国大学選手権決勝(10日、帝京大50-7筑波大、味スタ)2大会ぶり2度目の決勝進出だった筑波大(関東対抗戦5位)の国立大学初の大学日本一は、またもならなかった。

 後半7分、トライを奪った日本代表のエースWTB福岡堅樹(3年)は「帝京大は強かったです」と、素直な気持ちを口にした。

 0-21の後半7分、ターンオーバーからの左展開で帝京大インゴールを陥れた。「さあ反撃」のはずが、その後に4トライを奪われ決勝最多の50失点。「接点でのプレッシャーがすごかった。あれだけターンオーバーされれば…」と肩を落とした。

 「点差はつきましたが誰1人引くことなく、自分たちのラグビーを体現してくれた」と古川拓生監督(46)は選手をねぎらった。

 9月にはW杯も控える福岡は最上級生になる来季へ、「負けたままで終わりたくない。ただ、ブレークダウンで互角に戦えないと話にならない」とV7阻止へ思いをこめた。 (田中浩)

試合結果へ

試合日程へ

歴代優勝校へ

(紙面から)