2015.1.8 11:30(1/3ページ)

【乾坤一筆】花園で現役大学生が笛 全国高校ラグビーで初の快挙

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
大阪朝鮮高-光泉の笛を吹いた川原佑レフェリー

大阪朝鮮高-光泉の笛を吹いた川原佑レフェリー【拡大】

 全国高校ラグビーは東福岡の5度目の優勝で幕を閉じた。若人たちが力いっぱいのプレーで楽しませてくれたが、もう1人、筆者が注目していた22歳の若者がいる。

 川原佑(かわはら・たすく)レフェリー。12月30日の2回戦、大阪朝鮮高-光泉の笛を吹いた。これは画期的なことだった。川原レフェリーは現役の明大4年生。94度の長い歴史を持つ花園の全国大会で、大学生が初めてレフェリーを務めたのだ。寒風の中でも流れる汗をふきながら、「今できることは100%やったつもり。楽しかったです」とさわやかに語ってくれた。主審はこの1試合、他に2試合でアシスタントレフェリー(タッチジャッジ)を務めた。

 4歳からラグビーを始め、長崎南山高ではSOやFBでプレー。2年生で全国選抜大会にも出場した。しかし、その年の5月に右膝半月板や靱帯(じんたい)などを痛める重傷で3度の手術。プレーはままならず、指定校推薦で明大への入学が決まると「何かチームに貢献できることは」と考え、ラグビー部でレフェリーを志したという。

【続きを読む】