2014.12.9 16:12

エディーHC、“ペップ”バイエルンのパスサッカーに学ぶ

日本代表のエディー・ジョーンズHC

日本代表のエディー・ジョーンズHC【拡大】

 来年にワールドカップを控えるラグビー日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC、54)が、ドイツ1部ブンデスリーガの強豪・バイエルンミュンヘンの練習場を訪れ、ジョゼップ・グアルディオラ監督(43)に助言を求めたことが分かった。8日の英紙「デイリー・ミラー」(電子版)が報じた。

 バイエルンの練習場を訪れたエディーHCは、バイエルンの監督を務めるグアルディオラ(愛称ベップ)と会談。来年にイングランドで開催されるW杯で日本が成功するために、今回の訪問は有益だとした。また「バイエルンの練習を見ることができ、グアルディアラととても良い話をすることもできた。その中で私たちが行っている練習方法を改善するヒントがあった」と収穫を口にした。

 さらに「ラグビーとサッカーはボールを常にスペースに運ぶということでとても似ている。そしてバイエルンとグアルディオラが以前率いていたバルセロナは、私たちが見てきた中で一番素晴らしいパスサッカーをしていた。その原理原則は同じなんだ」と2競技の類似性を指摘し、ラグビーがサッカーから学べることは大きいと力説した。選手としても欧州制覇を経験し、欧州チャンピオンズリーグを2度制した名将からもらった金言を日本代表強化へつなげる。

14年試合結果へ

代表メンバーへ