2014.5.22 05:00

【新鮮力】流経大・内山監督、高校日本代表SH中嶋に期待

 例年40人を超える新人を迎える関東大学リーグ戦王者・流経大には、今季も43人の新戦力が集結。春季大会にも出場する数人の1年生の中でも、内山達二監督が「パスをはじめスキルは十分にある」と評価するのが高校日本代表SH中嶋大希だ。流経大が強みとするFWを動かすテンポのいい球さばきに期待がかかる。SH楢崎貴志とともにレギュラー取りに挑む。

 「荒削りだが力強さのある原石」と同監督が期待するLO兼NO・8大西樹、トンガからの留学生LOタウムア・ナエアタはFWの核となる可能性を秘める。FL上村一誠は鹿児島・奄美大島からやってきた全国区では無名の選手だが、スピードと高い運動量が光る。

 CTB山室ランドル広晃は、豪州の高校を卒業して母親の母国・日本でのプレーを希望して来日した。内山監督が、インターネット電話で、その人間性を評価して入部を認めた異色のルーキーだ。(吉田宏)

(紙面から)