第100回全国高校ラグビー大会

決勝 試合速報

【終了】 ▽2021/01/09(土)14:05 ▽試合会場:花園I
京都成章
(京都)
10-10 桐蔭学園
(神奈川)
 5-22
前半 後半 得点 前半 後半
PG
DG
10 10 22
15 合計 32
反則
選手起用(→:交代選手)
位置 No 選手名
FW 1 中野 裕翔
FW 2 長島 幸汰
→前18分 16 松本 直明
→後30分 17 小池 勇斗
FW 3 森山 飛翔
→後16分 18 清水 嵩輔
FW 4 本橋 拓馬
FW 5 堤  保澄
→後7分 20 中野 喜介
FW 6 四宮 勇斗
→後12分 21 コーエンモーガン一稀
FW 7 小山虎汰朗
FW 8 森  達喜
HB 9 宮尾 昌典
→後11分 22 西村 建哉
HB 10 大島 泰真
TB 11 小林 修市
→後24分 23 徳永 司也
TB 12 松沢 駿平
→後16分 25 倉田  渉
TB 13 山田 歩季
TB 14 中川 湧真
FB 15 辻野 隼大
位置 No 選手名
FW 1 倉島 昂大
→後6分 16 山口湧太郎
FW 2 中山 大暉
FW 3 田中 諒汰
→後3分 18 麻生 尚宏
FW 4 小椋 健介
FW 5 青木 恵斗
FW 6 粟飯原 謙
FW 7 大竹 智也
→後16分 25 小池 隆仁
FW 8 佐藤 健次
HB 9 伊藤 光希
HB 10 中  優人
TB 11 松田 怜大
TB 12 榎本 拓真
TB 13 秋浜 悠太
TB 14 今野 椋平
FB 15 矢崎 由高
▽戦評

 桐蔭学園が後半、ボールの争奪戦で優位に立った。ディフェンスでは圧力をかけ続けた。前半はハンドリングのミスが目立ち、1トライに終わったが、後半は甘くなった防御を突いた。2分に、相手がパスミスしたボールをFL粟飯原が拾って、勝ち越しトライ。ラインブレークを繰り返して、さらに2トライを奪い、突き放した。
 京都成章は前半、セットプレーで強さを見せた。前に出る防御で対抗したが、後半は運動量が落ちた。

試合詳細
  1. 後半30分

    京 敵陣22mライン付近中央のラックから右に展開。SH西村→WTB徳永→FB辻野→SO大島→LO本橋とつなぎ、本橋がHO中山のタックルをハンドオフでかわして、右中間に飛び込んでトライ。辻野のゴール失敗。京都成章15-32。

  2. 後半18分

    桐 自陣10mライン付近右で京都成章のパスが乱れ、こぼれ球を拾ったCTB榎本が敵陣10mライン付近まで前進してラックとなり、ボールを持ち出したSH伊藤が左に流れながら左に展開。左サイドでパスを受けたWTB松田が内に切り込んで、タックルされながら伊藤にパス。抜け出した伊藤がゴールポスト中央に回り込んでトライ。WTB今野のゴール成功。桐蔭学園32-10。

  3. 後半11分

    桐 敵陣22mライン付近やや左から、WTB今野のペナルティゴール成功。桐蔭学園25-10。

  4. 後半5分

    桐 敵陣ゴール前やや左のラックから左に展開。SH伊藤からパスを受けたNO.8佐藤がタックルされてラックとなるも、さらに左に展開。LO青木が伊藤からパスを受け、2人がかりでタックルされながらWTB今野にパス。今野が左中間に飛び込んでトライ。今野のゴール失敗。桐蔭学園22-10。

  5. 後半2分

    桐 敵陣22mライン付近右のラックでボールを奪われるも、京都成章のライン攻撃が乱れてゴール前左にこぼれたボールをFL粟飯原が拾い上げて、そのままゴールポスト中央に回り込んでトライ。WTB今野のゴール成功。桐蔭学園17-10。

  6. 前半31分

    京 敵陣10mライン付近やや右のラックから右に展開。SH宮尾からパスを受けて抜け出したFL四宮が、左に流れながらゴール前中央まで前進。LO青木にタックルされながらLO本橋にボールを預け、本橋がゴールライン目前まで突進。ラックとなって、宮尾が左に展開すると見せかけて左中間に飛び込んでトライ。FB辻野のゴール成功。京都成章10-10。

  7. 前半26分

    桐 敵陣ゴール前左から、WTB今野のペナルティゴール成功。桐蔭学園10-3。

  8. 前半19分

    桐 敵陣ゴール前左のスクラムから右にボールを持ち出したNO.8佐藤がゴールライン目前まで突進。ラックとなってLO青木がボールを右に持ち出して、タックラー2人をかわして強引に押し込んで左中間にトライ。WTB今野のゴール成功。桐蔭学園7-3。

  9. 前半2分

    京 敵陣10mライン付近中央から、FB辻野のペナルティゴール成功。京都成章3-0。