ヤマハがコカコーラに快勝、五郎丸1195点で歴代1位/TL

 
前半、キックを決めるヤマハFB五郎丸=豊田スタジアム(撮影・山下香)

 ラグビー・トップリーグ(TL)の第1節最終日は1日、愛知・豊田スタジアムなどで4試合を行い、ヤマハ発動機はコカコーラから6トライを奪い43-3で快勝。豊田自動織機は今季新加入した元豪州代表SOクリスチャン・リアリーファノが終了間際に逆転DGを決め、NECを9-8で退け、それぞれ白星発進した。

 ヤマハ発動機の元日本代表FB五郎丸歩は5G1PGの13得点を挙げ、TLリーグ戦通算得点を1195点とし、ライアン ニコラス(サントリー-三菱相模原=引退)の1188点を抜いて歴代1位となった。

 引き続いてサントリー-トヨタ自動車、リコー-ホンダが行われた。

Read more