日本代表2次候補に山下ら追加 暴行容疑のマフィは外れる

 

 日本ラグビー協会は29日、2019年ワールドカップ(W杯)に向けて選手の調整を所属チームと連携する狙いで選出する日本代表の2次候補メンバーに、フランカーのリーチ・マイケル主将(東芝)ら1次候補に加え、新たに15年W杯代表のプロップ山下裕史(神戸製鋼)、ナンバー8ツイ・ヘンドリック(サントリー)ら10人を含めた47人を発表した。

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズ勢を中心に、実戦や8月後半の体力測定で選出。15人制男子の薫田真広強化委員長は「(W杯で)トップ8に入るためのパフォーマンスを見せてほしい」と話した。

 SRの遠征中に同僚選手を暴行した疑いで一時身柄を拘束されたナンバー8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)は司法判断がまだ出ていないため外れた。

 ニュージーランドやイングランドと対戦する秋の日本代表メンバーは、9月の短期合宿やトップリーグを参考にして30人超を選ぶ予定。

Read more