19年W杯日本代表の事前キャンプ地 宮崎県知事「サポートしたい」網走市長「練習環境を整えて」

 

 日本ラグビー協会は25日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会前の日本代表の事前キャンプを6月9~28日と7月7~24日に宮崎市で、8月18~28日に網走市でそれぞれ行うと発表した。宮崎市は宿舎と練習施設が近接している点、網走市は冷涼な気候などを評価した。

 宮崎市は前回15年W杯イングランド大会で歴史的3勝を挙げた日本代表が合宿の拠点とした場所で、網走市はトップリーグ各チームの夏合宿地として知られている。東京都内で行われた記者会見に出席した宮崎県の河野俊嗣知事は「日本が再び大活躍ができるよう、県を挙げてサポートしたい」と語り、網走市の水谷洋一市長は「練習環境を整えてお迎えしたい」と話した。

 大会直前から使用する公認キャンプ地は、日本は既に東京都内の2カ所と浜松市で行うことが決まっている。

坂本典幸・日本ラグビー協会専務理事の話「この事前キャンプからチームをしっかりつくり、強化して、最終的な調整をしたい。練習のしやすい環境、気候を一番最初のポイントとして選んだ」

河野俊嗣・宮崎県知事の話「結果の出る宮崎合宿、縁起の良い宮崎合宿としてアピールしている。長年にわたり、いろいろなキャンプをしてきたノウハウを通して貢献できることを誇りに思う」

Read more