男子のセルに出場停止処分/7人制

 

 日本ラグビー協会は22日、米サンフランシスコで行われた7人制のワールドカップ(W杯)のロシア戦で、男子代表のジョセ・セル(北海道バーバリアンズ)が危険なタックルをしたとして、6週間の出場停止処分を受けたと発表した。(共同)

Read more