青学大FL・中谷玲於、タックルで流れを変えられる

新鮮力
青学大の新戦力

 関東春季大会でメンバー入りした1年生は全部で7人。FL中谷玲於(れお)は1メートル70、76キロと小柄だが「タックルで流れを変えられる選手」と今季就任した大友孝芳監督(47)が期待するU-18(18歳以下)日本代表だ。

 「チームのために一番体を張らないといけないポジション。秋まで遠慮せず、泥臭くやり続けたい」と中谷も、昨季7位であわやB(2部)降格の危機に陥ったチームの立て直しを担う。

 春季大会には登場しなかったが、花園優勝経験を持つLO清原裕揮は将来のFWの核、WTB衣笠竜世はエーストライゲッターとしての期待がかかる。

 LO小西想羅(そら)、SH津久井萌の女子の2人はともに日本代表。2年先輩のPR江渕まこととともに、男子にまじって鍛える。 (田中浩)

Read more