パラリンピック

2018.3.14 20:37

高村、不得意種目で手応え「一番いい滑りできた」/パラ大会

 平昌冬季パラリンピック第6日(14日)ノルディックスキー距離で男子スプリント・クラシカル視覚障害の高村は予選15位で、上位8選手による準決勝に進めなかった。得意ではないクラシカル走法の種目だったが、滑りには手応えをつかみ「競技歴5年ぐらいの中で一番いい滑りができた」と達成感をにじませた。

 コースが見えないため、ガイドスキーヤーの藤田の声に先導されて走る。2人で強化してきた成果を実感している様子で「確実に次につながる」と語り、今後の種目を見据えた。(共同)

平昌特集へ