パラリンピック

2018.3.14 13:04

狩野、鈴木は上々の1回目/パラ大会

 平昌冬季パラリンピック第6日(14日)アルペンスキー男子大回転座位の1回目で、狩野が4位、鈴木は6位とメダルを狙える位置につけ、上々のスタートを切った。狩野は本来、高速系種目が得意だが、滑らかなターンを重ねて、スピードに乗る会心のレースにガッツポーズが飛び出した。

 技術系種目に強い鈴木は4位に入った前日のスーパー複合から調子を維持。大回転では、3位に入った2010年バンクーバー大会以来のメダルに向け、2回目に挑む。(共同)

平昌特集へ