パラリンピック

2018.3.14 21:59

距離の新田佳が銀メダル!IH日本は5~8位決定予備戦でノルウェーに敗れる/パラ大会

男子スプリント・クラシカル立位決勝 力走する新田佳浩(手前)。銀メダルを獲得した=平昌(共同)

男子スプリント・クラシカル立位決勝 力走する新田佳浩(手前)。銀メダルを獲得した=平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピック第6日(14日)ノルディックスキー距離はスプリント・クラシカルを行い、男子立位で新田佳浩(日立ソリューションズ)が決勝で2位となり、銀メダルを獲得した。距離勢は今大会初の表彰台で、日本は前回の2014年ソチ大会に並ぶ6個目のメダル。 10年バンクーバー大会王者の新田は予選を2位で通過し、準決勝2組をトップで勝ち抜いた。17歳の川除大輝(日立ソリューションズJSC)は予選上位12人による準決勝で敗退した。

 アルペンスキー男子大回転座位は鈴木猛史(KYB)が4位、狩野亮(マルハン)が5位。滑降2位の森井大輝(トヨタ自動車)は1回目に転倒して途中棄権した。ノルディックスキー距離の男子スプリント・クラシカル立位で17歳の川除大輝(日立ソリューションズJSC)は準決勝で敗退し、9位だった。

 パラアイスホッケーの日本は5~8位決定予備戦でノルウェーに1-6で敗れ、16日の7、8位決定戦でスウェーデンと戦うことが決まった。(共同)

新田佳浩の話「ゴールして最初に思ったのは悔しさだった。銀でほっとしている部分もあるが、ずっと思い描いていたのは金メダルだった。次の種目は確実に金メダルを取りたい」

平昌特集へ

  • 女子大回転座位村岡桃佳の1回目の滑走=平昌(共同)
  • 女子大回転座位村岡桃佳の1回目の滑走=平昌(共同)
  • 男子スプリント・クラシカル立位予選力走する新田佳浩=平昌(共同)
  • 男子大回転座位の1回目で途中棄権し、背負われる森井大輝=平昌(共同)
  • 男子大回転座位狩野亮の1回目の滑走=平昌(共同)
  • 男子大回転座位鈴木猛史の1回目の滑走=平昌(共同)
  • 第1ピリオド、攻め上がる熊谷(手前)=江陵(共同)
  • 女子大回転座位で金メダルを獲得し、笑顔でガッツポーズの村岡桃佳=平昌(共同)