パラリンピック

2018.3.8 11:49

北朝鮮パラ選手団が入村式 韓国側が歓迎

選手村の入村式に臨む北朝鮮選手団。左奥は中国選手団=韓国・平昌(撮影・桐原正道)

選手村の入村式に臨む北朝鮮選手団。左奥は中国選手団=韓国・平昌(撮影・桐原正道)【拡大】

 平昌冬季パラリンピックに参加する北朝鮮の選手団や代表団の選手村入村式が8日あり、ホスト役の韓国側から歓迎を受けた。赤を基調としたコートを身にまとった選手団は、式典で国旗が掲揚されると真剣な表情で見つめた。

 入村式は中国やウズベキスタンの選手団と共に行われた。選手村側の代表者が「出場までの努力を誇りに思う。これからの競技で力を発揮してほしい」とあいさつし、北朝鮮の選手団は静かに聞いた。

 北朝鮮の冬季パラリンピック参加は初めてで、7日に韓国入りした。韓国統一省によると、選手2人が11、14両日のノルディックスキー距離に出場し、閉幕前の15日ごろに北朝鮮に戻る予定。(共同)

  • 選手村の入村式に臨む北朝鮮選手団(右)と中国選手団(左)=韓国・平昌(撮影・桐原正道)