パラリンピック

2018.3.7 19:00

平昌パラ、入場券27万5000枚を突破 IPCが売り上げを高評価

 国際パラリンピック委員会(IPC)のスペンス広報部長は7日、平昌冬季パラリンピックの入場券の販売枚数が27万5000枚を超えたと明らかにした。「売り上げ自体は非常に盛況だ」と高く評価した。

 既に目標の22万枚を突破しており、数字上は好調だが、企業などの団体購入で五輪同様に会場は空席が生じる懸念も指摘されている。大会組織委員会によると、当初は合計28万枚を販売する計画だったが、29万枚に増やす見通し。(共同)