パラリンピック

2018.3.7 16:38

北朝鮮団長「南の皆さんにお会いできてうれしい」 選手村であいさつ

平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手=韓国・坡州(共同)

平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手=韓国・坡州(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国入りした北朝鮮の選手団と代表団24人が7日、平昌の選手村に入った。代表団の団長を務める朝鮮障害者保護連盟中央委員会のキム・ムンチョル委員長は「南(韓国)の皆さんにお会いできてうれしい」とあいさつした。多くの選手らは報道陣の問い掛けに無言だったが、笑みを浮かべて会釈する人もいた。

 韓国統一省によると、選手団20人は選手6人やサポートする保護者らで構成。選手のうち競技に出場するのは2人で、残る4人は「参観選手」としてバイアスロン競技などを観戦する予定だ。

 聯合ニュースによると、4人には2009年生まれで今年9歳となる少年も含まれ、障害者スポーツの普及や育成を図る狙いもあるとみられる。(共同)

  • 平昌冬季パラリンピックの選手村に到着した北朝鮮選手団=7日、韓国・平昌(共同)
  • 平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手団=韓国・坡州(共同)