パラリンピック

2018.3.7 10:55

北朝鮮選手団が韓国入り 冬季パラ初参加

平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手=韓国・坡州(共同)

平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手=韓国・坡州(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピックに参加する北朝鮮の障害者オリンピック委員会の代表団4人と選手団20人が7日、朝鮮半島西側で南北を連絡する京義線道路を通り、韓国入りした。北朝鮮の冬季パラリンピック参加は初めて。韓国統一省などによると、選手団の2人が11、14日のノルディックスキー距離に出場し、閉幕前の15日ごろに北朝鮮に戻る予定。

 統一省などによると、代表団の団長は朝鮮障害者保護連盟中央委員会のキム・ムンチョル委員長が、選手団長は同中央委のチョン・ヒョン副委員長が務める。

 北朝鮮は平昌五輪では開会式や閉会式に高官代表団を送ったのをはじめ、選手団や応援団など約500人を派遣。1月の南北協議ではパラリンピックにも約150人を派遣するとしていたが、五輪後に応援団や芸術団の派遣を取りやめ、規模を大幅に縮小させた。

 統一省は派遣取りやめについて「五輪への派遣で既に一定程度、南北関係改善に寄与したと認識しているもようだ」と説明した。(共同)

  • 平昌冬季パラリンピックに参加するため韓国に到着した北朝鮮選手団=韓国・坡州(共同)