パラリンピック

2018.3.6 12:12

パラアルペン勢が初練習 平昌でメダル期待

本番会場で調整するアルペンスキー男子座位の狩野亮選手=韓国・平昌(共同)

本番会場で調整するアルペンスキー男子座位の狩野亮選手=韓国・平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピックに出場するアルペンスキーの日本代表が6日、本番会場となる旌善アルペンセンターで初練習した。穏やかな晴天の下、男子座位の森井大輝選手(トヨタ自動車)狩野亮選手(マルハン)、女子座位の村岡桃佳選手(早大)らメダル候補が雪の感触を確かめた。

 体調不良で合流が遅れていた男子立位の小池岳太選手(JTBコミュニケーションデザイン)は同日午後、平昌入りする。7日から滑降の公式練習が始まり、開会式翌日の10日から競技が始まる。(共同)

  • 本番会場で調整するアルペンスキー男子座位の狩野亮=韓国・平昌(共同)
  • 本番会場で調整するアルペンスキー男子座位の森井大輝選手=韓国・平昌(共同)
  • 本番会場で調整するアルペンスキー女子座位の村岡桃佳選手=韓国・平昌(共同)
  • 本番会場で調整するアルペンスキー男子座位の鈴木猛史=韓国・平昌(共同)