パラリンピック

2018.3.5 09:09

平昌パラ、日本選手団が出発 村岡旗手「いつも通りの気持ちで頑張りたい」

平昌冬季パラリンピックに向け出発する村岡桃佳=羽田空港

平昌冬季パラリンピックに向け出発する村岡桃佳=羽田空港【拡大】

 9日開幕の平昌冬季パラリンピックで、メダル量産が期待されるアルペンスキー座位の選手ら日本選手団約30人が5日午前、羽田空港から韓国に向かって出発した。

 開会式で旗手を務めるアルペンスキー女子座位の村岡桃佳(早大)は「いつも通りの気持ちで頑張りたい」と笑顔を浮かべた。男子座位のスーパー大回転で3連覇が懸かる狩野亮(マルハン)は「1レースずつベストを尽くすだけ。これから気持ちが高ぶってくると思う」と意気込んだ。

 8日にはスノーボードの選手らが現地入りを予定している。

  • 平昌冬季パラリンピックに向け、出発する狩野亮(手前)ら日本選手団=羽田空港