フィギュア

2018.2.27 18:53

羽生、王者の孤独感を聞かれ「あるって言ったほうが面白いんですかね」/フィギュア

特集:
羽生結弦
会見で笑顔を見せる羽生結弦=日本プレスセンタービル(撮影・田村亮介)

会見で笑顔を見せる羽生結弦=日本プレスセンタービル(撮影・田村亮介)【拡大】

 平昌五輪に出場し、フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が27日、東京の日本記者クラブで記者会見を行った。

 世界一という孤独感はあるかと質問された羽生は、「あるって言ったほうが面白いんですかね」とおどけつつ「なくはないです。あるというふうにはもう言えないけど、前はすごい孤独だなって。誰もわからないんだろうなこの気持ちって思いながらやっていました」と明かした。前回のソチ五輪が終わった後に特にその気持が強かったと振り返り、「いろいろな人に祝福されればされるほど、自分の気持ちってどこにあるんだろう」と感じ「周りがあまりにも幸せになりすぎてて。僕の幸せはなんだったんだろう。僕が頑張ってきたものって、本当に自分に還元されているのかなって、思うこともありました」と語った。「『ありがとう』とか『おめでとう』って言葉って、心がこもっていなかったとしても。たとえ心の奥底では『この野郎』と思っていたとしても、素直に受け止めると嬉しくなったりするんですよね。それってすごい幸せなものだと思う」と受け止め方の変化があったと説明し、「自分がこうして特別な存在になれたからこそ感じなくてはいけない使命かなと思っています」とまとめた。

 将来家族を持ちたいという気持ちがあるかという質問に対しては、「これは、なんて答えたら良いのかわかりません」と困った様子を見せつつ「家族を持ったら、それこそ『裏切られた!』って言われるかもしれないし。アイドルじゃないですけど」と冗談めかして答えた。プライベートな時間も過ごしつつ、競技や会見などで公の場で「いろんな幸せ、いろんな葛藤を、皆さんと分かち合える幸せを大事にしたいと今は思います」と語った。

  • 贈られたネクタイを手に笑顔の羽生結弦=日本プレスセンタービル(撮影・田村亮介)
  • 会見で笑顔の羽生結弦=日本プレスセンタービル(撮影・田村亮介)