フィギュア

2018.2.26 05:01

羽生、世界選手権出場に慎重 城田監督「けがを治すことが最優先」/フィギュア

特集:
羽生結弦
エキシビション 演技をする羽生結弦=韓国・江陵アイスアリーナ(羽生結弦・納冨康撮影)

エキシビション 演技をする羽生結弦=韓国・江陵アイスアリーナ(羽生結弦・納冨康撮影)【拡大】

 第23回冬季五輪平昌大会は25日夜、五輪スタジアムで閉会式を行い、17日間の熱戦に幕を下ろした。 

 連覇が懸かる羽生の世界選手権(3月21~24日、イタリア・ミラノ)について、城田監督は「(五輪を終えた)右足首がどれほど悪いのか、(連戦に)耐えられるか分からない。けがを治すことが最優先」と出場に慎重な姿勢を示した。羽生は痛み止めを服用して五輪を乗り切っており、右足首への負担が大きいルッツやループジャンプの踏み切りでは痛みが生じるとした。

平昌五輪特集へ