フィギュア

2018.2.23 10:15

羽生の出身地・仙台市が2連覇をつり看板で祝福 パレード実施は検討中/フィギュア

特集:
羽生結弦
冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦をたたえ、仙台市役所に設置されたつり看板=23日午前

冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦をたたえ、仙台市役所に設置されたつり看板=23日午前【拡大】

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で連覇を果たした羽生結弦(23)の出身地・仙台市は23日、市役所正面に羽生の偉業をたたえる大型のつり看板を設置した。

 看板は縦1・5メートル、横13・5メートル。青色や白色で「66年ぶり2連覇」「夢と感動をありがとう!」と書かれている。

 ソチ五輪後にも実施された、快挙を祝うパレードの実施を仙台市は検討中。担当者は「看板はその時期まで掲げたい」と話している。

 「泣いて応援した」という宮城県岩沼市の佐藤サチ子さん(72)は、看板を見て「感動がよみがえった」と笑顔で話した。

平昌五輪特集へ