フィギュア

2018.2.21 15:13

安藤美姫さん、宮原の「落ち着いたスケートは本当に日本美」/フィギュア

特集:
宮原知子
安藤美姫さん

安藤美姫さん【拡大】

 平昌五輪第13日(21日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート女子ショートプロクラム(SP)で、初出場の宮原知子(19)=関大=は自己ベストの75・94点で4位につけた。フリーは23日に行われる。元世界女王の安藤美姫さん(30)は自身のツイッターを更新し、宮原の演技について「気持ちのコントロール、いつも変わらない演技! 落ち着いたスケートは本当に日本美。 素晴らしかったです!!!!」と絶賛。「フリーも落ち着いて演技してほしいですね」とエールを送った。

 宮原は冒頭のルッツ-トーループの2連続3回転、後半の3回転ループ、ダブルアクセルを決めると、ホッとした表情を浮かべた。

詳細結果へ平昌五輪特集へ