フィギュア

2018.2.21 14:42

宮原、団体SPのリベンジ成功「次こそはと思ってがんばった」/フィギュア

特集:
宮原知子
女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)

女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)【拡大】

 平昌五輪第13日(21日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート女子ショートプロクラム(SP)で、ともに初出場の宮原知子(19)=関大=は自己ベストの75・94点で4位、坂本花織(17)=シスメックス=は自己ベストの73・18点で5位だった。欧州選手権女王のアリーナ・ザギトワ(15)=OAR=が世界歴代最高を更新する82・92点で首位に立った。世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(18)=OAR=が81・61点で2位につけた。フリーは23日に行われる。

 宮原との一問一答は以下の通り。

 --演技を振り返って

 「何とか大きなミスなく終われて、フリーにつなげられた」

 --2連続3回転を成功させた

 「団体で回転不足を取られてしまったので、次こそはと思ってがんばった。少しの間だったけど、個人戦まで練習してきた。それをフリーでも出せるようにがんばりたい」

 --手応えは

 「自分でも外から見ても回転不足じゃないというジャンプを常に跳べるように意識して練習してきた」

 --スピンやステップもよかった

 「最初から最後まで足が震えるほどじゃないけど緊張していた。無駄なところで取りこぼしたくないと思って、きっちり意識して回った」

 --どんな気持ちで演技に臨んだのか

 「ここにくるためにがんばってきた。自分のがんばりを思い切って出したいと思って滑った」

 --フリーへ向け

 「気持ちを切り替えてここまでがんばってきたことをフリーで出せるようにがんばりたい」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵アイスアリーナ(撮影・納冨康)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPでジャンプする宮原知子=江陵(共同)
  • 女子SPで演技する宮原知子=江陵アイスアリーナ(撮影・納冨康)
  • 女子SP演技後の宮原知子=江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平)