フィギュア

2018.2.17 18:28

真央さん指導のタラソワ氏、生中継で羽生に「立て」 韓国メディアは「王子から皇帝に」

特集:
羽生結弦
浅田真央
フィギュアスケート男子で金メダルに輝き、日の丸を背に笑顔の羽生結弦=江陵(共同)

フィギュアスケート男子で金メダルに輝き、日の丸を背に笑顔の羽生結弦=江陵(共同)【拡大】

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦選手が五輪2連覇を果たしたことについて、各国メディアは「(フィギュアスケートの)王子から皇帝になった」(韓国の中央日報・電子版)などと大きく報じた。

 「日本のスーパースターが66年ぶりに五輪2連覇を達成」。中国メディアは、羽生選手を「歴史に名を残した」とたたえた。昨年に右足首を負傷したにもかかわらず「驚嘆すべき技術と演技」(国営通信、新華社)を見せたと紹介。別のインターネットメディアは「氷上の優美さの陰に、剛毅さを隠し持っている」と評した。

 国営ロシア通信は「日本の神。フィギュアスケーター羽生が金」と報道。かつて浅田真央さんを指導したタチアナ・タラソワ氏はロシアのテレビ生中継で解説し、羽生選手がジャンプの着地で転倒せずに持ちこたえるたびに「立て」と声を送り、演技を終えると「1位だ。美しい」と称賛した。

 韓国の聯合ニュースは「フィギュアの王様が完全復活」と報道。羽生選手が「現役選手のうち、議論の余地なく最強」としてこれまでの軌跡を紹介し、「実力だけでなく、アイドルのような外見でも多くのファンを獲得した」と伝えた。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せる羽生結弦(中央)。左は銀の宇野昌磨、右は銅のハビエル・フェルナンデス=江陵(共同)
  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、笑顔で日の丸を広げる羽生結弦(右)と銀メダルの宇野昌磨=江陵(共同)
  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、セレモニーで笑顔の羽生結弦(中央)。左は銀の宇野昌磨、右は銅のハビエル・フェルナンデス=江陵(共同)