アルペン

2018.2.17 15:10

初の快挙! 女子スーパー大回転Vのレデツカ、スノボとの両方で五輪出場/アルペン

女子スーパー大回転を制したエステル・レデツカの滑り=平昌(共同)

女子スーパー大回転を制したエステル・レデツカの滑り=平昌(共同)【拡大】

 平昌五輪第9日(17日、旌善アルペンセンター)アルペンスキー女子スーパー大回転は22歳のエステル・レデツカ(チェコ)が1分21秒11で優勝した。アルペンでは五輪初出場のレデツカはスノーボードのトップ選手で、世界選手権は2015年にパラレル回転、17年はパラレル大回転を制した。14年ソチ五輪に出場し、今大会も24日のパラレル大回転に出場を予定している。

 アルペンスキーとスノーボードの両方で五輪に出場するのは史上初で、初挑戦で快挙を遂げた。

 0秒01差の2位は、ソチ五輪女王のアナ・ファイト(オーストリア=旧姓フェニンガー)。3位には昨年の世界選手権準優勝のティナ・ワイラター(リヒテンシュタイン)が入った。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ