カーリング

2018.2.14 19:47

異例の4度計測で日本得点!小野寺C「見たことないね」/カーリング

カーリング女子1次リーグ米国戦の第8エンド、得点チーム判定の計測を見守る吉田知(中央)=江陵(共同)

カーリング女子1次リーグ米国戦の第8エンド、得点チーム判定の計測を見守る吉田知(中央)=江陵(共同)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、江陵カーリングセンター)カーリング男女の1次リーグが始まり、女子はLS北見の日本が米国に10-5で快勝し、白星発進した。

 8-5で迎えた第8エンドの得点チーム判定で、どちらのストーンが最も円心に近いかの計測が異例な慎重さになった。4度にも及ぶ計測の結果、得点はLS北見に。小野寺コーチは「数ミリもないくらい。(計測器を)4回も回すのは見たことないね」と笑った。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 日本-米国第5エンド、ショットを放つ吉田知。左は吉田夕、右は鈴木=江陵(共同)
  • 米国に勝利し、抱き合って喜ぶ(手前左から)藤沢、吉田知、(奥左から)鈴木、吉田夕=江陵(共同)
  • 日本-米国第3エンド、スイープする吉田夕(左)と鈴木=江陵(共同)
  • 日本-米国第6エンド、ショットを放つ藤沢(中央)上は吉田夕、下は鈴木=江陵(共同)
  • 初戦の米国戦に勝利し、歓声に応える(左から)藤沢、吉田夕、鈴木、吉田知=江陵(共同)