総合

2018.2.14 13:34

【2大会連続銀一問一答】平野歩夢「笑えるところにまではたどり着けていない」

特集:
平野歩夢
スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢(左)。中央は金メダルのショーン・ホワイト=平昌(共同)

スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢(左)。中央は金メダルのショーン・ホワイト=平昌(共同)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、フェニックス・スノーパーク)スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝で、前回ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(木下グループ)が2回目に95・25点をマークして2大会連続の銀メダルを獲得した。

 平野の一問一答は次の通り。(共同)

 --結果について。

 「今まで準備してきたことを2本目の滑りでうまく出せた。3本目は失速で(技を)つなげられなかった。この結果になってしまったのはしょうがない」

 --ホワイトの点数が出た時の気持ちは。

 「高さや着地の完成度を含めて、彼の過去一番の滑りが出ていたと思うので、当然(自分の点数を)超えるだろうなと思っていた」

 --表彰式では表情を変えなかった。

 「笑えるところにまではたどり着けていない。前回と同じになって悔しい部分も当然ある」

 --前回と同じ2位。気持ちの差は。

 「あの時は、悔しさは特になかった。今回は頂点を狙うために練習してきた。悔しさが自分の中にあるのが、はっきり分かる」

 --金メダルは遠いと感じるか。

 「五輪はどの種目を見ても、必ず誰が勝つと決まってない。目標がなくならないよりは、さらに上の目標が見つかっていることはいいことだと思う」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 男子ハーフパイプで優勝した米国のショーン・ホワイト(左)と抱き合う銀メダルの平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)
  • スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルが決まり、笑顔を見せる平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)
  • 男子ハーフパイプ決勝でショーン・ホワイトに敗れ銀メダルとなり、うつむく平野歩夢=平昌(共同)
  • スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得し、セレモニーで歓声に応える平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプで優勝した米国のショーン・ホワイト(右)と言葉を交わす銀メダルの平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝で豪快なエアを決める平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • 男子ハーフパイプ決勝1回目の演技後、さえない表情の平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝1回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)