ジャンプ

2018.2.13 05:07(1/5ページ)

沙羅、銅メダル!ソチ悔し涙から4年…歓喜の涙/ジャンプ

山田コーチ(左)に抱きかかえられた高梨は、大粒の涙を流した(共同)

山田コーチ(左)に抱きかかえられた高梨は、大粒の涙を流した(共同)【拡大】

 平昌五輪第4日(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)沙羅が涙の銅メダル!! 女子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)が行われ、前回ソチ五輪4位の高梨沙羅(21)=クラレ=が2回とも103.5メートルの合計243.8点で銅メダルを獲得した。ソチ五輪の悔しさをばねに成長し、W杯でジャンプの男女を通じて歴代最多に並ぶ通算53勝に到達。今季はW杯未勝利と苦しみ、躍進する欧州勢に後れを取ったが、前向きな気持ちを失わずにメダルを引き寄せた。

【続きを読む】

  • 雪の降る平昌。高梨が大舞台で今季一番のジャンプをみせた(撮影・早坂洋祐)
  • 2回目を終えた高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)
  • 2回目、着地しガッツポーズの高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)
  • 表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)
  • 表彰式で喜ぶ高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)
  • 高梨沙羅の1回目=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)