スピード

2018.2.12 22:47

高木美帆、1500で銀メダル!小平6位 菊池16位/スピード

女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)

女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)【拡大】

 平昌五輪第4日(12日、江陵オーバル)スピードスケート女子1500メートルで、高木美帆(23)=日体大助手=が1分54秒55で銀メダルを獲得した。日本のスピードスケート勢では2大会ぶりで、自身初の表彰台となった。小平奈緒(31)=相沢病院=は1分56秒11で6位、菊池彩花(30)=富士急=は1分58秒92の16位だった。

 世界でも注目される23歳が、主役に名乗りを上げた。最終14組で世界記録保持者のヘザー・ベルフスマ(28)=米国=と同組となった高木が、重圧をはねのけた。

 10日の3000メートルでは今季ワールドカップ(W杯)で日本勢初優勝した勢いでメダルを狙ったが、4分1秒35で5位。オランダ勢の分厚い壁に阻まれた。低地リンクでの自己記録を塗り替えても届かないメダルに悔しさを募らせた。

 8年前、スピードスケート史上最年少で「スーパー中学生」としてバンクーバー五輪に初出場し惨敗。前回ソチ五輪は、代表選考会で振るわず落選した。挫折をバネに再起。オランダ人コーチのもと、高校時代までほとんど経験していなかった自転車トレーニングに積極的に取り組むなど体を強化してきた。

 伸びやかな滑りに磨きをかけ、1500メートルでは今季W杯前半戦4レースを全勝と圧倒的な強さを誇り、いまや日本女子中長距離のエースに成長した。

高木美帆の話「改めて表彰台に立ってみて、1番を取れなかったことが、すごい悔しい気持ちがこみ上げてきた時間でした。平昌の会場まで来てくださった方にも感謝の気持ちですし、この日だけが特別じゃなくて、いろんな方に応援して支えていただいていたので、いろんなこみ上げてくる気持ちというものはあった。この自分の中で最高順位をとれたというのは、すごい誇りに思えることです」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mで2位となり日の丸を掲げる高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mに出場した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mに出場した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mに出場した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mに出場した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・納冨康)
  • 女子1500mに出場した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・納冨康)