総合

2018.2.10 18:43

ノルウェー選手団、卵1500個注文も…翻訳手違いで1万5000個届く

平昌オリンピック村での歓迎式で記念撮影するノルウェー代表チーム=8日、平昌(AP)

平昌オリンピック村での歓迎式で記念撮影するノルウェー代表チーム=8日、平昌(AP)【拡大】

 平昌冬季五輪に参加するため現地入りしたノルウェー選手団のもとに、1万5000個の卵が届くというハプニングが発生していたことが9日、明らかになった。ロイター通信などが伝えた。

 ノルウェー選手団の調理師チームは、現地のスーパーマーケットにグーグルの翻訳サービスを利用して卵を注文した。1500個を注文したつもりだったが、なぜか店側には1万5000個が注文されていた。

 ノルウェー選手団の調理師はロイター通信に対し、「注文したときに、ゼロを1つ余計に理解されてしまい、1500が1万5000になってしまった」と釈明。配達された卵はトラック1台分にも及んだという。

 米CNNによると、ノルウェー・オリンピック委員会の広報担当者は「トラックがやってきて、卵を運び入れ始めた。しばらくたって、時間がかかり過ぎていることに調理師が気付いた。搬入はいつまでたっても止まらなかった」と衝撃の瞬間を語った。

 卵サンド、ベーコンエッグ、卵サラダ、スクランブルエッグ、目玉焼き…。ロイター通信は考えられる卵料理を列挙したが、ノルウェー選手団は選手・役員を合わせ総勢121人。1人当たり124個の卵を消費する計算とあっては、さすがに多すぎる。

 調理人は「消費するのか、返品するのか分からない」と苦笑していたというが、幸いなことに、結局スーパー側も翻訳機能の問題だったとして、1万3500個の返品に応じたという。(産経新聞)

平昌五輪特集へ