ジャンプ

2018.2.9 05:07(3/4ページ)

ルンビ越えた!沙羅、『金』いける復活飛行「いいスタート切れて安心」/ジャンプ

公式練習を終えて引き揚げる高梨。満面の笑みに自信がみなぎった(撮影・早坂洋祐)

公式練習を終えて引き揚げる高梨。満面の笑みに自信がみなぎった(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 相性が後押しする。高梨は、同じアルペンシア・スキージャンプ台で行われた昨年2月16日の五輪テスト大会で優勝。「自分の記憶と感覚をすり合わせないといけない。少しずつこのジャンプ台に合わせられている」。1年前に頂点に立ったいいイメージを思い返し、勢いをつかんだ。

 高梨は韓国でも注目の的だ。美しきジャンパーとして、「美女鳥(韓国語読みでミニョセ)」と呼ばれている。メークは目元やまつげがしっかりと施されており、韓国人も興味津々。男女を通じてW杯ジャンプ歴代最多の通算53勝を誇る実力者にシャッター音が鳴り止まない。

 五輪初実施のジャンプ女子で4位に終わったソチ大会から4年。雪辱を胸に今大会に照準を合わせて戦ってきた。大好きな母・千景さんからは指輪を手渡され、お守りと一緒に大事に保管している。思いは家族も関係者も同じだ。

 「最後は挑む気持ち。1位を勝ち取れるように自分を高めていきたい」

 決戦の12日までジャンプ練習は残り2回。悲願の金メダル獲得へ、美しき鳥が、その羽をさらに大きく広げる。 (石井文敏)

【続きを読む】

  • スキー板を担いで取材に応じた高梨。4年前のソチでの悔しさを晴らすときがやってきた(撮影・早坂洋祐)
  • 公式練習で飛ぶ高梨沙羅=8日、韓国・アルペンシア・スキージャンプセンター (撮影・早坂洋祐)
  • 公式練習を終え、笑顔を見せる高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習を終え、笑顔を見せる高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習でジャンプ台から飛び出す高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習を終え、引き揚げる高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習の3本目を飛んだ高梨沙羅=アルペンシア・スキージャンプセンター(撮影・早坂洋祐)
  • 公式練習で調整する高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習で調整する高梨沙羅=平昌(共同)
  • 公式練習で調整する高梨沙羅=韓国・アルペンシア・スキージャンプセンター(撮影・早坂洋祐)
  • 公式練習で調整する高梨沙羅=韓国・アルペンシア・スキージャンプセンター(撮影・早坂洋祐)
  • 平昌五輪で金を争う選手の比較