総合

2018.2.7 05:02

ヘルメットに「抗日」英雄像 IOC、韓国アイスホッケー選手に使用禁止勧告

 国際オリンピック委員会(IOC)が、平昌五輪に出場するアイスホッケー男子の韓国代表GKが着用するヘルメットのデザインが五輪憲章に抵触するとして、今大会で使用しないよう勧告していたことが6日までに分かった。

 複数の韓国メディアによると、IOCは同国代表GKマット・ダルトン(31)がかぶるヘルメットの左側頭部に描かれた李舜臣将軍像が、「いかなる種類のデモンストレーションも、政治的、宗教的、人種的プロパガンダも許可されない」と定めた五輪憲章に抵触すると判断した。代表チームは、将軍像部分はテープで隠して出場すると発表した。

 李舜臣は16世紀に豊臣秀吉が朝鮮出兵を行った際に日本と戦った武将。韓国では近年「抗日」の象徴とされている。

平昌五輪特集へ